在宅ワークに応募する場合のテストに関する問題

在宅ワークで副業で稼ぎたい――このように考えている人が増えています。
簡単な仕事もありますが、それなりに最低限度のスキルが必要になります。
対面しての面接などはありません。
ですが登録するための簡単なテストがあるケースが多いですね。
今回は【在宅ワークに応募する場合のテストに関する問題】についてまとめておきましょう。
例えば人気のウェブライティングです。
記事に対して報酬が亜発生します。
記事が商品価値としてのレベルにあるかどうかをチェックするのは発注する企業としては当たり前です。
就職の場合には入社試験がありますが、それほど難しいものではありません。
在宅ワークをする場合にどの程度の記事が書けるか文章能力のレベルを見るわけです。
依頼すると想定されるテーマについて、記事を作成して提出するスタイルが一般的です。
過去に執筆した記事を提出してください――このように募集要項に記載されていることがあります。
これはとても問題があります。
なぜならば、過去に執筆した記事には著作権があるからです。
納品した記事を他の会社に提出するのは問題があります。
著作権は在宅ワークをしたウェブライターにあるのではなくて納品した会社にあるからです。
別会社に提出するのは違反行為になります。
もしも、過去の作品を……みたいな提案をする企業は著作権についての理解が甘いです。
新しく記事を書いて、それを提出するようにしてください。
こういった法律的な知識がないクライアントはトラブルの元になる可能性があります。
契約しない方がいいでしょう。
別のクライアントを探すことをお薦めしたいと思います。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.